HOME

電子部品の保護に使用されているフッ素コーティング剤

シリカゲル

私たちが日常生活の中で目にする電気製品には、実にたくさんの電子部品が組み込まれていますが、そのような電子部品というものは非常に小さく、その組み立てには精密さと高度な技術が必要不可欠なものとなってきます。もしも、電子部品の組み立てが精密ではなかったとしたら、それが組み込まれた電気製品は設計通りの性能を十分に発揮できない、もしくは正常に機能しない残念な仕上がり具合の製品となってしまい、消費者に満足感を与えることはできません。
また、電子部品が存分に性能を発揮するためには、撥水性や防湿性といった水分に対する対策が十分に行われている必要があります。もしも、電子部品の中に水分が侵入してしまうことがあったとしたら、ショートや部品の錆付などによって電化製品に深刻なダメージを与えてしまうことになるからです。
そのため、電子部品に関しては外部からの水分の侵入に備えるべく、撥水性や防湿性に優れたフッ素コーティング剤が好まれて使用されています。細かな電子部品のひとつひとつに撥水性や防湿性に優れているフッ素コーティング剤を塗布しておくことで、消費者が電子製品を水没させたり雨水にさらすようなことがあったとしても、内部に組み込まれている電子部品を保護できるからです。また、フッ素コーティング剤は水分だけではなく發油効果にも期待できるため、電子部品の製造段階における機械油などの汚れから部品を保護する目的としても使用されています。

フッ素コーティング塗料を使用するメリットは

フッ素コーティング塗料のメリットは非常に耐久性や撥水性、防湿性に優れている点にあります。もちろん、フッ素コーティング以外の塗料も耐久性や撥水性、防湿性については優れた効果を発揮してくれることに違いはないのですが、フッ素コーティング塗料と比較をするとどうしても劣ってしまう部分も多く、機能性を十分に発揮させるには塗り替えのサイクルを短くするなどの対策が必要になってきます。
特に一年を通して外気に触れ続けている建物の外壁や屋根の場合には、建物の耐用年数を延ばすためには定期的な塗り替え作業が必要不可欠となってくるので、建物を維持するための費用は嵩んでしまいがちになります。それに対してフッ素コーティング塗料では従来のものと比べるとはるかに耐久性や防湿性、撥水性などの効果が長期間にわたって持続するため頻繁な塗り替え作業をする必要がありません。従来の塗料と比較をするとフッ素コーティング塗料は価格が高いという点をデメリットとしてとらえる人もいるかもしれませんが、塗り替えのサイクルの長さを考えると頻繁に塗り替えの必要のないフッ素コーティング塗料は、長い視野で見るとコストパフォーマンスに優れている塗料と言えるのではないでしょうか。

スマートフォンなどの指紋防止に効果のあるフッ素コーティング剤

指先一つでさまざまな操作のできるスマートフォンやタブレット端末は、動画の再生やちょっとした調べ物をする際にとても役に立つ便利なものです。しかしスマートフォンやタブレット端末というものは基本的に画面を直接指先で操作する機器なので、使用頻度が増えれば増えるほど画面はどんどんと指紋や指先の脂などが付着してしまい、視認性の悪さや操作性の悪さなどの要因になってしまいます。
もちろん、スマートフォンやタブレット端末には出荷の段階で指紋や汚れをつきにくくする防湿や撥水の加工が施されているのですが、その耐久性はそう長いものではありません。画面に触れる回数が増えれば増えるほど施されている加工の効果は薄れてしまうのです。しかし、最近ではフッ素コーティング剤が市販されるようになっており、建築現場における木材の防湿や撥水に用いられるだけではなく、一般の消費者もスマートフォンやタブレット端末の画面を保護する目的で購入するようになっています。
市販されているフッ素コーティング剤を購入して、スマートフォンやタブレット端末に塗布しておけば防湿性や撥水性、防汚性の高さから指紋などの汚れが付きづらく、仮に画面が汚れてしまったとしてもすぐにふき取ることができる加工を簡単に施すことができるからです。現在お使いのスマートフォンやタブレット端末の汚れが気になるという方は、フッ素コーティング剤をお試しになってはいかがでしょうか。


スマートフォンなどの身近な機器を防湿防水コート【フロロサーフ】がおすすめです!
フロロサーフをスマートフォン内部の基板に塗布することで、水中に落としても壊れにくくなります!

CHOICES

木材の汚れやカビの発生を防止するフッ素コーティング剤

建築中の現場には資材として用いる木材が大量に置かれていますが、それらの木材については汚れや湿気といったものに対する対策が求められます。もしも、十分な対策が取られていなかったとしたら建築に用いる木…

≫more

タッチパネルのしつこい汚れはフッ素コーティング剤で対策しよう

現在ではさまざまな製品にタッチパネルが搭載されるようになっています。タッチひとつでいろいろな操作が行えるタッチパネルは消費者にとってとても便利な機能なのですが、一日に何度も画面にタッチしていると…

≫more

電子部品の酸化被膜防止にフッ素コーティングを利用しよう!

電子基板や部品において、酸化被膜は不具合を引き起こします。水分の侵入により基盤や部品の接点部分の酸化被膜が形成され、通電不良になることがあります。また、シリコーン、芳香剤や洗浄剤に含まれる油分が…

≫more

木材の保護にも有効なフッ素コーティング!防湿効果もあり!

木材の弱点として、水や湿気さらには汚れに弱いということがあります。特に湿気は如何に乾燥した木材を使用しているといっても、割れや腐食さらに寸法変化といったことを生じさせてしまいます。オイルステンな…

≫more